クラシック住宅の駆体(耐震・構造など)

大切な家族を守るための
優れた耐震"ツーバイフォー"住宅

ドイツの人々にとって家族は何よりもかけがえのない存在です。

大切な家族を守り、安全安心である事もドイツの家にとってなくてはならない条件です。

地震に強いツーバイフォー住宅の特徴

  • 日本でのツーバイフォー工法の正式名称は「枠組壁工法」といいます。建物の躯体(骨組)を構成する部材のうち、2インチ×4インチの断面の部材を多く使用することから、 2×4(ツーバイフォー)工法と呼ばれています。

    この工法は、規格化された構造用製材でつくられた枠組みに、合板などの面材を張ったパネル(版)で床、壁、屋根を箱状に構成する構造に特徴があり、 使用する部材の種類が少なく、接合は釘や専用の金物で比較的簡単にでき、また工法がシステム化されているため工程が明確で、分業しやすい事が特徴です。 工期、耐震性・耐久性に優れ、気密性・断熱性も高めることが合理的にできる工法であす。


    さらに、ツーバイフォー工法の特徴は、構造耐力に優れた枠材と面材とが一体となった『面』で支える構造であり、6面相互の緊結により家を形づくります。 これにより地震や台風などの力を建物全体で受け止め、荷重を一点に集中させることなく全体に分散してしまうので、外力に対して抜群の強さを発揮します。

    さらに面構造によって高い気密性や断熱性も確保され、快適で高性能な住まいが実現されています。ツーバイフォー工法は、 規格化された主に6種類の規格材や専用の釘・金物などを使用しています。

  • 地震に強いツーバイフォー住宅の特徴

身体に優しい自然建材 自然住宅

神奈川住研ホームでは、化学物質(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン等)を排除した、体には害のない、天然素材を使った家造りをおすすめしています。

自然素材の漆喰や土壁、ヒバ、古材、竹材、和紙、天然石、柿渋といった健康材料を使用し、家は土の上につくり、森と同じ空気の中で、雨や風、雪、 そして太陽の影響を考え、すべて自然に還る素材を用いて身体に優しく健康な自然住宅を作り上げていきます。

住む方が永く健康にお使いいただける家を作ることが、神奈川住研ホームの考える自然住宅です。

  • 珪藻土
    珪藻土

    【部分】壁材

    【原料】藻類微生物の化石化した土

    【特徴】超多孔質でカビ、黄ばみ、匂いを防除。

  • 自然木材
    自然木材

    【部分】壁材

    【原料】石灰、麻スサ、つのまた(海藻)

    【特徴】耐久性が高く、温度調節、結露を防ぎます。

  • 天然石
    天然石

    【部分】石材

    【原料】大理石、安山岩、石灰岩など

    【特徴】耐久性が高く、汚れても劣化しない。

  • 和紙
    和紙

    【部分】障子

    【原料】楮、三椏、雁皮、等

    【特徴】アレルギーの危険性が少なく、結露に強い。

  • 狭い、斜面、山など悪条件な場所でも
    住む人らしさのご提案

    ツーバイフォー工法の特徴は、構造耐力に優れた枠材と面材とが一体となった『面』で支える構造であり、6面相互の緊結により家を形づくります。 これにより地震や台風などの力を建物全体で受け止め、荷重を一点に集中させることなく全体に分散してしまうので、外力に対して抜群の強さを発揮します。

    さらに面構造によって高い気密性や断熱性も確保され、快適で高性能な住まいが実現されています。 ツーバイフォー工法は、規格化された主に6種類の規格材や専用の釘・金物などを使用しています。

  • 狭い、斜面、山など悪条件な場所でも住む人らしさのご提案
  • 失敗しない家作りのポイント
  • お問い合わせから竣工までの流れ

ドイツの家の特徴

長く寒い冬と、短い夏の明るい日差しをどれだけ有効にここちよく過ごせるかはドイツの人々にとってとりわけ重要な問題です。

大切な家族と、かけがえのない時間をここちよい住居で過ごす事は、ドイツの人々の生き方において最も尊重される問題だからです。

広くここちよい風の通るリビング、子供たちの笑い声が吹き抜ける高い天井、温かな家族団らんを演出する徹底的な断熱。

ドイツの家は家族を守り、時間を大切にするドイツの人々の生き方が「ゲミュートリッヒ」として表現された家です。

  • デザイン
  • 間取り
  • 断熱性
ページの先頭に戻る