資金調達について

予算決めの流れ

予算を決める時は、以下のような流れで決めていきます。

  • 頭金を決める

    まずは頭金をいくら用意できるか決めましょう。

    手元にある貯金額—注文住宅建築後に備えるお金=頭金の金額

  • 住宅ローンの借入額を決める

    住宅ローンの返済額は、一般的に年収の25%以内なら安心だと言われています。

  • 住宅ローンの事前審査を利用する

    左記の予算が決まったらスムーズに融資を受けられるように、無料の住宅ローンの審査を受けておきましょう。

自分に合った住宅ローンを選ぶ事で、負担の少ない理想のマイホームを!
住宅ローンの3つの種類と選び方

  • 民間融資

    銀行ローンを主体とする
    民間融資

    公的融資には、勤務先で財形貯蓄を1年以上行っていて、残高が50万円以上ある人が利用できる融資【財形融資】と、 都道府県や市町村が独自の制度で行っている【自治体融資】があります。どちらも条件や地域に制限があるため利用できない場合が多いです。

  • 公的融資

    自治体などの公的機関による
    公的融資

    銀行のローンは種類が豊富で、それぞれ自分に合った条件を選択しやすかったり、所定の条件を満たせば店頭金利より低い金利が適用されるなどの魅力があります。 銀行以外でも住宅ローン専門会社や生命保険会社などが取り扱う民間融資もあります。

  • 協調融資

    民間と公的の中間に位置する
    協調融資

    1つの融資先に対して、複数の金融機関や銀行が一緒になって融資をする事するのが【協調融資】です。 住宅ローンでは変わらない固定低金利が魅力の【フラット35】などがメジャーです。

神奈川住研ホームでは
民間融資の銀行ローンをおすすめしています。

神奈川住研では、種類も豊富でお客様それぞれにあった融資をご提案できる銀行の住宅ローンをご提案しています。 いくつかの銀行の中から、お客様にご希望に近い融資をお選びしお見積りをご提出いたします。理想のマイホームを作るために、負担の少ない住宅ローンのご提案を致します。

  • 失敗しない家作りのポイント
  • お問い合わせから竣工までの流れ
ページの先頭に戻る