何世代にもわたり住み継がれる住宅
ドイツの家

ここちよくくつろげる空間としての住居
ドイツ人の住まいの理想「ゲミュートリッヒ( G e m ü t l i c h )」

長く寒い冬と、短い夏の明るい日差しをどれだけ有効にここちよく過ごせるかはドイツの人々にとってとりわけ重要な問題です。

大切な家族と、かけがえのない時間をここちよい住居で過ごす事は、ドイツの人々の生き方において最も尊重される問題だからです。

広くここちよい風の通るリビング、子供たちの笑い声が吹き抜ける高い天井、温かな家族団らんを演出する徹底的な断熱。

ドイツの家は家族を守り、時間を大切にするドイツの人々の生き方が「ゲミュートリッヒ」として表現された家です。

神奈川住建が選ばれる3つの理由

  • メルヘンの世界から飛び出してきたような美しく優れたドイツの家
  • 01.メルヘンの世界から飛び出してきたような
    美しく優れたドイツの家

    ドイツの家の特徴といえば、まるでおとぎ話の世界に迷い込んだようなメルヘンで美しいデザインです。この美しさの秘密が急勾配の屋根にあります。

    デザイン的に美しいだけではなく、急勾配の屋根には窓が大きく取れ長く寒いドイツの冬でも光をめいいっぱいとれるよう性能的にも優れています。

    急勾配の屋根の傾斜は2回の勾配天井として生かされ、ゆとりと解放感を演出します。

    デザインについて
  • 住む人にとって快適な環境を…実用性を徹底的に追求した間取り
  • 02.住む人にとって快適な環境を…
    実用性を徹底的に追求した間取り

    ドイツの家の間取りは、住む人にとってここちよく快適である事を考えられた実用的で広々とした構造になっています。 日本のオープンな間取りとは違い、キッチンならキッチンと用途ごとにしっかりと区切られている事が特徴的です。 そうする事で、リビングから生活感を減らし広々と徹底的に「ここちよい」空間を作り出す事ができます。 リビングの窓は広く、こだわりの美しい庭を望み家族団らんを楽しむ事ができます。

    間取りついて
  • ここちよさを追求したハーフ・ティンバー構造と安心のツーバイフォー住宅
  • 03.ここちよさを追求したハーフ・ティンバー構造と
    安心のツーバイフォー住宅

    ドイツの家は室内外に木の構造、外壁は木軸と漆喰による構造が一般的です。これをハーフ・ティンバー構造といいます。 少ない木材で大きな空間を作る事ができます。ドイツの人々が一番大切にしている「ここちよさ」を温湿度や空気から整えたくつろげる生活空間を整えます。

    さらに、家族をなにより大切にするドイツの人々にとって家がどこよりも安全である事は必須条件です。

    駆体について
  • 寒く長い冬と、不安定な短い夏を快適に過ごす自然に優しい家
  • 04.寒く長い冬と、不安定な短い夏を
    快適に過ごす自然に優しい家

    ドイツの冬は長くよく雪が降るようにとても寒いです。それとは逆に、夏は日差しが少なく夜には長袖を着なければいけないほど寒くなり乾燥しています。 そんな環境下でも、大切な家族とかけがえのない時間をすごせるようにドイツの家は「ここちよさ」を追求した環境づくりを徹底しています。 見た目に美しいだけではなく、温湿度を適切に保ち生活しやすい環境を整えた最適な住居です。

    断熱性について
ページの先頭に戻る