クラシック住宅の断熱性

夏涼しく、冬暖かい。
注文住宅の快適な断熱方法

断熱性は自然に優しく年間を通して快適な生活環境を整える為にはなくてはならないものです。

夏は外気の暑さを遮断し、冬は寒さを遮断します。家全体の温度差があまりない為ヒートショックも起こりません。

エアコンの使い過ぎを抑制する、体にも環境にも優しい断熱性をご提案します。

注文住宅で使われる2種類の断熱工法

注文住宅で一般的に使われる断熱工法には2種類あります。

  • 充填断熱工法

    充填断熱工法

    98%以上の住宅で施工され、壁の内部に断熱材を入れるのが「充填断熱工法」です。

    一般的に繊維系の断熱材が使用され、施工もしやすい為価格相場が安く、壁の内側で断熱をしているため、 断熱面積が小さく熱のロスが少ないのが特徴です。屋根の計上に左右されずに施工ができるのでドイツの家のような急勾配の屋根の計上にも左右されずに施工ができます。


    デメリットとして、記名性を高めるには別途工事が必要であったり、気密や通気がしっかりとれていないと、壁内部で結露が発生し、構造材を傷める危険性があげられます。

  • 外張り断熱工法

    外張り断熱工法

    壁の外側に断熱材を張り付けるのが「外張り断熱工法」です。

    構造の躯体部分での結露の防止ができるため構造材が腐食しにくく、防湿、気密工事が容易であり、壁内部の配管・配線工事がしやすいところが特徴です。


    デメリットとして施工の手間が多くかかるため価格相場が高く、施工性が特殊な為、外張り断熱に慣れた会社を選ぶ必要がある点があげげられます。

断熱工法を決める時のポイント

内断熱と外断熱は長年にわたりどちらが優れているのかと議論されてきました。

しかし結論から言えば、一般的な木造住宅に関してはさほどの差はありません。

大切なのは、自分らしいライフスタイルに合わせた断熱工法を値段や特徴を比べて担当者とじっくり話し合い選ぶことです。

  • 失敗しない家作りのポイント
  • お問い合わせから竣工までの流れ
  • デザイン
  • 間取り
  • 駆体(耐震・構造など)
ページの先頭に戻る